販売終了のお知らせ

ご覧のエクステリア商品は、 2015年 12月 31日を持ちまして 販売終了となりました。
同タイプの商品をご検討のお客様は下記商品にて引き続きご検討くださいますようお願い申し上げます。

同タイプの商品、後継商品のご案内

※ 2015年 12月 31日  販売終了商品

ライザーテラスII R型 テラスタイプ 単体

単体ランキング1位

カラー(全6色)
  • シャイングレー

    シャイングレー

  • ホワイト

    ホワイト

  • オータムブラウン

    オータムブラウン

  • ブラック

    ブラック

  • ブロンズ

    ブロンズ

  • ナチュラルシルバー

    ナチュラルシルバー

規格間口 1840mm / 2020mm / 2750mm / 3020mm / 3660mm / 4020mm / 4570mm / 5020mm / 5480mm
規格出幅 885mm / 1185mm / 1485mm / 1785mm / 2085mm / 2385mm / 2685mm / 2985mm
柱タイプ 柱位置固定タイプ(柱2本) / 出幅自在桁タイプ(柱2本)
  • 単体(柱2本)タイプ
  • 〜20cmまで積雪対応
  • 施工対応地域
  • 安心ダブル保証
  • キャンペーン対象
  • 土間工事対応
工事対応エリア :

全国対応

2007年3月リニューアル!やさしいアール形状のテラス屋根の定番スタイルです。充実のオプション品で、個性的な豊かなテラスに!

この商品について問い合わせる

テラス屋根についてよくあるご質問
敷地に合わせて切詰め加工できますか?
テラス屋根は、通常は間口・出幅を切詰めて寸法を短くして納めることが可能となっております。(商品によっては不可のものもございます)
一部を切欠きしたい、斜めに切詰めしたいなどのご要望の場合は、商品や設置箇所によって状況が変わりますので、現場調査ご依頼の際に、ご入力フォームの「詳細」欄にお考えの内容をお書き添えの上、ご依頼くださいませ。
柱固定仕様と出幅自在桁タイプ・柱奥行移動タイプの違いはどんなものですか?
主な特徴としては以下の通りとなります。現場調査時にお客様のご要望をお伺いし、最適なものをご提案させて頂きますので、現場調査ご依頼の際に、ご入力フォームの「詳細」欄にご希望の内容をお書き添えの上、ご依頼くださいませ。
[柱位置固定タイプ]
柱が屋根先から降りてくる形状のタイプです。メリットとしては、奥行移動タイプに比べ価格が安いことです。デメリットとしては、屋根をはね出す納まり(雨風の吹き込み防止に有効)ができないことなどがあげられます。
[出幅自在桁タイプ・柱奥行移動タイプ]
柱位置を自在に移動できるように専用の移動桁を取り付けて納めるタイプです。メリットとしては、柱の移動が可能なため、施工範囲の自由度が高いことやはね出し納まりが可能なこと、デメリットとしては、価格が高いことなどがあげられます。
物干しの金額は見積に含まれますか?他にどんなオプションがあるのか教えてください。
物干しは本体価格に含まれておりません。
必要な場合は、「物干し」「前面スクリーン」の選択肢にチェックを入れそのままご依頼くださいませ。
その他に、側面部分の目隠し・雨除けのスクリーンや屋根材の飛びを抑えるホルダーなどがございます。

ページトップへ