9. 物置の設置工事について

物置の一般的な工事手順

  1. 1. 設置場所を決める。
  2. 2. 基礎ブロックを設置する。
  3. 3. ブロック上の水平をとる。
  4. 4. 物置本体を組み立てる。
物置が大きくなればなるほど必要な基礎ブロックの数も増えるので、
ご自身で組み立ての場合は水平をとる作業が大変になります。

基礎ブロックの設置工事

ブロック

物置の設置には、土台面に必ず基礎ブロックを使用します。

使用するブロックの個数は、物置のサイズによって異なります。詳しくは、メーカーホームページのWebカタログをご参照ください。

物置本体には基礎ブロックは付属していません。お客様ご自身で
組み立てられる場合は、別途ホームセンター等でお買い求めください。

傾斜調整工事(地面がコンクリート・アスファルトの場合)

傾斜調整

物置の設置面がコンクリートやアスファルトの場合は、傾斜調整工事が必要です。

コンクリートやアスファルトの場合には水溜りができないように、予め傾斜がついています。その傾斜分をゴムシートやモルタルで調整し、物置の設置場所を水平にする必要があります。
※モルタルでの調整は別途費用となります。
アジャスター機能のある小型物置については、許容範囲内であれば工事は必要ありません。

小型物置のアジャスター機能について

物置内部から付属の工具で調整が可能です。(調整範囲はメーカーにより異なります)

レベル調整が簡単に行え、1人での施工やDIYに最適な機能です。

アジャスター機能とは、各メーカーの小型物置に標準装備の機能です。従来はブロックで調整を行い手間と技術が必要な作業でしたが、アジャスター機能によってレベル調整が簡単にできるようになりました。一人の施工の場合やDIYに最適な機能です。メーカーにより調整幅や方法が異なりますが、0mm〜35mm程度の調整がドライバーひとつで簡単に行えるようになっています。

10. 転倒防止工事について

背の高い物置や、間口の広い物置は風の影響を比較的受けやすいので設置工事ご依頼の際は、転倒防止工事もご一緒にご依頼いただくことをお勧めいたします。

地面がコンクリートの場合

地面がコンクリートの場合

コンクリートに穴をあけ、オールアンカーなどで付属のアンカープレートと物置を固定します。
基本的に、物置の四隅に施工いたします。

地面が土・アスファルトの場合

地面が土・アスファルトの場合

物置の四隅に約20cm角の穴を深さ約30cmに掘り、物置の付属のアンカープレートを取り付けます。モルタルを流し込み地面とアンカープレートを固定します。
基本的に、物置の四隅に打設します。

地面がアスファルトやコンクリートでもその厚みが十分でない場合は、
当該部分を削り取って(ハツリ工事)モルタルを流し込み固定します。

11. 物置を組み立てる際に知っておくと便利なこと

物置の組み立てに必要な道具

準備するもの
  • 軍手

    軍手

  • ドライバー

    ドライバー

  • スパナ

    スパナ

  • カッターナイフ

    カッターナイフ

  • コンクリートブロック

    コンクリートブロック

ドライバーやスパナは商品の付属品として付いている場合もあります。ブロックはホームセンターなどで手配してください。上記はあくまで基本アイテムです。物置によって必要な道は異なります。詳しくはカタログ情報をご参照ください。

あると便利なもの
  • 水平器

    水平器

  • 脚立

    脚立

  • 電動ドライバー

    電動ドライバー

脚立は屋根部分の施工などに利用します。電動ドライバーがあると、手動ドライバーよりも効率的に作業が可能です。水平器は、商品によっては付属品として付いている場合もあります。

組み立てる順番に梱包を並べましょう。

先に使う部材から手前に並べます。

物置の種類により梱包数が異なります。また、梱包一つひとつの重さも決して軽いものではありません。組み立てる順番に並べておくと、スムーズに作業を進められます。

大きな物置になると梱包数が増えます。また、長ものの梱包もございます
ので、家や車などに当てて傷をつけないように注意してください。

物置を組み立てましょう!(メーカーページにリンクします)

  • ページURLをメールする
お見積りメモ

お見積り内容を保存されている方はログインして下さい。

パスワードをお忘れの場合

当サイトは256ビットSSL暗号化に対応しています。入力した個人情報は暗号化して送られますので、安心してご利用ください。

バイヤーブログ

プロ直伝!!エクステリアの目利き

    物置のサイズ別組み立て難易度

    小型物置(幅:〜1m)

    小型物置(幅:〜1m)
    組立て難易度:簡単

    組み立て説明書を見ながら女性1人でも比較的簡単に施工できます。アジャスター機能を利用することで水平レベル調整も簡単です。DIYがお好きな方や物づくりの得意な方であれば半日で組み上げることが出来ます。

    イナバ物置

    タクボ物置

    ヨド物置

    中型物置(幅:〜3m)

    中型物置(幅:〜3m)
    組立て難易度:難易度高め

    おおよそ大人2人で1日かけての施工になります。作業スペースや専用の工具が必要ですのでDIYに自信のある方にお勧めです。屋根部分の施工は1人では難易度が高いので2人での施工をお勧めいたします。

    イナバ物置

    タクボ物置

    ヨド物置

    大型物置(幅:3m〜)

    大型物置(幅:3m〜)
    組立て難易度:難易度高い

    基礎工事から完了までに2〜3日かかる場合もあります。基礎工事には専門知識が必要になり、間口・奥行の両方向に水平を出す作業が必要になります。工事はプロにお任せすることをお勧めいたします。

    イナバ物置

    タクボ物置

    ヨド物置

    自分で組み立て!DIY向け人気物置

    小型物置
    グランプレステージジャンプ 920×530×160030%OFF

    タクボ物置

    • グランプレステージジャンプ
    • 920×530×1600
    • 工事費込 50,004円(税別)
    小型物置
    グランプレステージジャンプ 1488×530×160030%OFF

    タクボ物置

    • グランプレステージジャンプ
    • 1488×530×1600
    • 工事費込 60,966円(税別)
    小型物置
    エスモ 一般型 1350×650×150130%OFF

    ヨド物置

    • エスモ 一般型
    • 1350×650×1501
    • 工事費込 57,750円(税別)
    小型物置
    シンプリー 一般型 1100×510×130330%OFF

    イナバ物置

    • グシンプリー 一般型
    • 1100×510×13030
    • 工事費込 44,520円(税別)
    小型物置
    エスモ 一般型 1200×520×110130%OFF

    ヨド物置

    • エスモ 一般型
    • 1200×520×1101
    • 工事費込 40,950円(税別)
    中型物置
    Mr.ストックマンダンディ 一般型 2200×1222×211030%OFF

    タクボ物置

    • Mr.ストックマンダンディ
    • 一般型 2200×1222×2110
    • 工事費込 124,845円(税別)
    小型物置
    ネクスタ 一般型 1530×950×202030%OFF

    イナバ物置

    • ネクスタ 一般型
    • 1530×950×2020
    • 工事費込 90,930円(税別)
    中型物置
    エルモ 一般型 2220×1170×212130%OFF

    ヨド物置

    • エルモ 一般型
    • 2220×1170×2121
    • 工事費込 124,215円(税別)
    小型物置
    エスケーエイト SK8-50 一般型 1800×800×194040%OFF

    SANKIN

    • エスケーエイト SK8-50
    • 1800×800×1940
    • 工事費込 67,392円(税別)

    ページトップへ