賢く選ぶ・上手に使いこなすためのオーニングの基礎知識

7. 取り付ける場所を決めましょう。

リビングとウッドデッキを繋ぐ窓上に取り付ければ、リビングと一体化した安らぎの屋外空間が更に広がります。
木造以外の構造の住宅にお住まいの方や、エアコン・雨どいなどの関係で壁に取り付ける事が出来ないお客様でも、独立タイプで設置場所を選ばずオーニングが設置できます。テラス窓や高窓に取り付ければ、眩しい西日を遮ったり、急な小雨から洗濯物を守ってくれます。

広がるリビング空間

広がるリビング空間

プライバシーの確保

プライバシーの確保

8. オーニングの形状を選びましょう。

オーニングには壁付けタイプと独立タイプがあります。壁付けタイプは、外壁に直接取付けいたします。そのため外壁はもちろん、窓際に木陰を作ることができるので建具の日焼け対策や省エネ効果を期待できます。独立タイプは、鳥居型のような形状をしたフレームを造作しそこにオーニングの本体を都立けします。壁際に取り付けず、自由な場所に取り付けることが出来ます。

壁付けタイプ

壁付けタイプ

  • ・掃きだし窓・ウッドデッキなどに最適。
  • ・工事費が比較的安価。
独立タイプ

独立タイプ

  • ・外壁(躯体)を傷つけずに設置できます。
  • ・外壁以外の場所に取り付けることが可能。

9. オーニングのサイズを決めましょう。

間口の最適なサイズは、掃きだし窓の大きさと同じか、一回り大きなサイズといわれております。太陽の高さや窓の方角、季節によっては影がしっかりとできない場合がありますので、事前に影の出来上がる位置を確認しておく必要があります。

赤いオーニング
縞模様のオーニング

出幅について

出幅によって作り出される日陰や目隠し部分が変わってきます。出し幅は自由に変更できますので季節により西日や日差しの角度が変わりますので大きな出幅を選ぶことをお勧めします。

出幅とキャンバス生地の下がり幅の関係(LIXIL 彩風S型 取付角度 20度の場合)

出幅とキャンバス生地の下がり幅の関係(LIXIL 彩風S型  取付角度 20度の場合)

角度について

オーニングのキャンパスによってできる日陰は出幅と取付け角度によって決まります。目隠しや西日を遮るためには角度を大きくし、景観や圧迫感を防ぐためには角度を小さくして設置致します。商品の多くは、設置時に角度を決めるため設置後の変更には別途工事が必要になりますので、事前にご検討ください。

角度とキャンバス生地の下がり幅の関係(LIXIL 彩風S型 出幅 2,500mの場合)

角度とキャンバス生地の下がり幅の関係(LIXIL 彩風S型  出幅 2,500mの場合)

15°〜25°まで対応 ⇒

彩風C型CR型

15°〜35°まで対応 ⇒

彩風S型

15°〜45°まで対応 ⇒
15°〜75°まで対応 ⇒

サンブレロ Type03

20°固定対応 ⇒

サンブレロ Type02

10. 駆動方式を選びましょう。

手動タイプ

クランクハンドル(手動)
手動で開け閉めを行うため微調整や好みの位置で止めることができます。比較的本体価格が電動式にに比べ安価なのも手動式のメリットです。
「費用を抑え、お手頃価格でオーニングを楽しみたい」そんな方にお勧めです。

電動タイプ(リモコン)

専用リモコン(電動)
付属の専用リモコンでオーニングの出し入れを操作できます。壁付けのスイッチを設置する必要がなく、スイッチ工事の配線費用も抑えることができます。
「どこからでも自由に動かしたい」「景観が気になるから壁にスイッチを付けたくない」そんな方にオススメです。

11. キャンバスを選びましょう。

オーニングのキャンバス

オーニングによって住宅のイメージは様々に変化します。ご家族の理想の空間を作りましょう。

キャンバスの性能と色を選びましょう。キャンバス生地によって、発色性の高いものから遮熱効果の高いもの、フッ素コートで汚れが落ちやすいものまで様々な用途に合わせたキャンバス生地が用意されています。

※別ウインドウが開きます。

12. 使用上の注意事項(オーニング設置後)

--- キャンバスのお手入れ方法 ---

塵や埃などの汚れがキャンバスに付着したままにしておくと、キャンバスの繊維に入り込み汚れが取れにくくなる可能性がございます。

  • キャンバスが乾いている時にブラシで埃をはらってください。ブラシはキャンバスがキズつかないよう柔らかいものをお使いください。
  • 洗剤で洗う場合は中性洗剤で水洗いしてください。シンナーやベンジンといった薬品はキャンバスが傷みますので、使用しないでください。

--- 注意事項 ---

  • キャンバスは、ストップシールが出たらそれ以上に張り出さないようにしてください。
  • 前枠やアームに物をぶら下げるなどして、荷重をかけないようにしてください。オーニングが破損する恐れがあります。
  • 手動式の場合、テントが絶対に逆巻にならないよう注意してください。破損の原因になります。
  • テントが張り出したときアームが伸びきらないようにしてください。アームが伸びきってテントにたるみがあると、雨水がたまり破損の原因になります。
  • テントの下での火気を用いた作業はしないでください。テント生地に延焼するおそれがあります。
  • 次の場合は、破損防止のためオーニングを張り出しているときは、巻き取ってください。
    • ※長時間の雨、大雨、降雪の時、またそれが予想される場合。
    • ※オーニングが揺れるほどの強風またはそれが予想される場合。
    • ※夜間および留守の場合。

エクスショップが選ばれる7つの理由

高価な買い物だから、工事が必要な商品だから、ネットを介した購入だから、工事実績豊富で価格面も安心!のエクスショップが選ばれています。

17年連続NO.1エクステリアネット販売実績2000〜2016

  • 業界極限価格 割引率最大63%+α OFF!! 大人気商品についてはなんと工事費無料!
  • 現場調査&お見積り工事開始まですべて無料! 仕様変更による再見積りももちろん無料!
  • 全国対応 地域密着 410店 お近くの当社提携施工店が工事対応します!
  • メーカー取り扱い商品点数 豊富な6,000商品
  • 掲載中の施工実績&お客様の声 80,000件の実績!!
  • 商品&施工、安心のダブル保証! 商品2年施工10年
  • お客様情報をあらゆる面から守ります 安心セキュリティ
  • ページURLをメールする

ページトップへ